page contents

いりこだし2 心と暮らしのブログ

自らの心の障がいと向き合いながら、暮らしや思うことをブログします。

2020年の春ですが、

2020年の春本番になり、朝晩はまだ冷え込みますが、日中は暖かくなった私の地元です。私は、四季の中で春は苦手な方です。桜や多くのお花が咲く季節でもあり、暖かくなって良いかとは思うのですが、社会的に、心理的に、新しい環境に慣れるのが大変だからです。別れと出会いの節目ということもあり、変化が苦手な私にとって心のストレスは、大きいです。

年をとるという節目ごとに、しっかりとしなければならないという思いとは、逆に向かっていっている様な気がする私ですが。であっても、私は私。自分は自分。 他人は他人。ですから、仕方がない感じもします。性格や考え方なんてそう簡単には変えられるものではないですから。

そして、世は常に変化していきますから、変化に対応していくこと必要かなとそう意識はしていますが、私としては、やはり苦手だなと感じています。

たとえ苦しいことであっても、この世の中は、人も他の生物もウイルスも? 常に一定ということはなくて、少しずつ変化していくということは、何となくですが、わかっています。いわゆる「無常」ということですかね。

今年の春は、なにか重苦しい感じがします。先々月あたりから、報道の見方には気を付けていますが、やはり、新型コロナの件の心配はあります。 他にも、将来のこと色々と不安が多い中ですが。

地元も、私が買い物に出かけたときに、私自身もそうですが、ほとんどの多くの人々がマスクを着用していました。そして、今は、人と人とが距離をとらなければいけませんから、少し気疲れもします。

お休みの日や、日中の時間が空いたときには、人がほとんどいない近所の山道を散歩しています。

山道では、桜の木が満開に咲いていました。

 

f:id:niboshi3:20200411175455j:plain

 

今も、孤独的な私ではありますが、それも利点としてとらえて、ひとりであっても桜が見れたなということで、良し!としていこうと思います。

人生いつまでかわかりませんが、四季をその時々にかみしめながら歩んでいこうと思っています。