page contents

いりこだし2 心と暮らしのブログ

自らの心の障がいと向き合いながら、暮らしや思うことをブログします。

ギターの弦が切れかかってしまって、、

私は、先月からまたギター練習の休止を決めて今は練習をやめています。その理由としては、ギターの弦がもう切れかかっているからです。昨年の暮れあたりから、ギター練習しながら、ギターの弦の切れかかりを意識し始めて、そのことをネットで調べたところ、こういうことはよくあるとのことです。

 

どうすれば取り換えられるかなと思い、昨年の暮れに、近くにある音楽教室&店にたずねに行ったところ、その当時ある若い女性スタッフさんが、ギターの弦は売っているとのこと、ギターの弦の取り換えはギター担当のスタッフがやってくれるかどうかわからないとのこと。自分でも説明書を読みながらできるともきいて、その時はギター本体を店に持っていかなかったので、まだしばらくは大丈夫かと思って続けていましたが。

日々の時々の練習により、やはり弦6本のうち、金属弦3本とも切れかかりの様子があり、特にそのうちの1本がいつ切れてもおかしくない状況と判断し、先月2月の上旬から休止しそれから2ヶ月近くギターを弾いていません。

  

なので、先日ギター本体を持って約3ヶ月ぶりに音楽教室&店にたずねに行くと、別の中年の女性スタッフさんが対応してくださり、わりと安い取り換え手数料と弦の料金と消費税を払えば、プロの方がギターの弦を取り換えてくれるときき、それをお願いしギター本体をそのスタッフさんに渡しました。いつギターの弦の取り換えが終わるかは、しばらく期間がかかるとのこと。ここ十年以上も弦の取り換えはしていなかったので、今回弦6本すべて取り換えることをお願いしました。

今はもちろん、プロではなく趣味としてやっているので急いでいないと伝え、気長に待ちたいなと思います。

 その後、私は書店でギターの教材本を買いました。 

f:id:niboshi3:20200327194230j:plain

 父からもらったギターは、アコースティック・ギターという種類の中の、

クラシック・ギターとわかりました。金属弦3本と、ナイロン弦3本です。

 

あとは行動力にかかっていますが、そう簡単なことではありません。

たずねに行った近くにある音楽教室&店では、ギター教室は、個人レッスンはあるとのことで、また別の所にある系列の教室かもしれませんが、とにかくコストが、高すぎる!というハードルが大きいからです。

まあ、心の障がいと向き合いながらの私の歩みとしては、ハードルが高いですが、まだあきらめたわけではありません。

ですが、ギターの弦の取り換え依頼と書店でギターの教材を買い入手したことは、一歩一歩進んでいるなということで。

今後も時間があるときに、過去にネットなどで学んだことも復習しながら、教材本と付属のDVDを見て学ぼうと思います。