page contents

いりこだし2(ツー) 心と暮らしのブログ

自らの心の障がいと向き合いながら、暮らしや思うことをブログします。

まだまだ、強迫性障がいと付き合っています。

2019年5月下旬になり、最近の暑い日々、新しい時代になり、年を年々重ねても、断捨離をいくらかしても、やっぱり、まだまだ、強迫性障がいと付き合っている私がいます。

今日は、また半月ぶりにハローワークに行って、仕事検索をしました。けっこうたくさんの求人募集がありました。私ができそうな仕事は少なかったですが、あるにはあったと私としては思います。でも、先方企業様がどう判断されるのか?また、私自身がきちんと長続きして仕事をやっていくことができるのか?が問題です。

半月前の、採用となりましたが結局は辞退した、通勤時間片道2時間を毎日とフルタイムの仕事場ですが、賃金面や心身面でついていけるのか?今思っても、不安が増した中で、入社する前に辞めておいてよかったなと思います。これは私自身の問題ですし、私の心や気持ちの起伏面や強迫性障がいとの向き合い方にも関わってくると思います。

それで、今日も、外で、「道端に落し物をしたのではないか?」「事細かいことが気になってしまっているなー!」と自覚したときに、確認行為がまた続いてしまって、気になりだすとまたまた、、ドミノのようにどんどんと、あれもこれも気になってしまいました。「あ~、疲れたなあー。」「こんな私で、将来仕事に就けるのかなあー?」と、思ってしまいましたが、過去に日雇いの仕事で作業に集中せざるを得ないときに強迫行為はやりたくてもできずに、なんとか仕事ができた経験がありますので、「コツさえつかめたら和らぐのではないかなー!?」とは頭の中では解ってはいるのですが。

数日前からはほぼ毎日、ネットで日雇いの仕事を検索していたのですがやっぱり!仕事は平野部の都市部が多いですね。交通費の上限や、仕事先が公共交通の駅から離れているとかで通勤時間や、通勤する労力などで難しかったです。まあ、焦らずに、心の問題と向き合いながら、少しずつ歩んで行くしかないなと思います。