page contents

いりこだし2(ツー) 心と暮らしのブログ

自らの心の障がいと向き合いながら、暮らしや思うことをブログします。

一日だけ仕事復帰できましたが、、

昨日、一日だけですが日雇いで仕事復帰できましたが、今日は日雇いの仕事は条件の都合でありませんでした。そのため、久々にハローワークに行き検索をしました。色々と仕事募集が多いなと思いましたが、もう明日からは大型連休ですので、色々と考えていこうと思っています。

氷河期世代の私で田舎の山奥暮らしでひきこもりへのリスクもある中で、昨日は、公共交通機関で片道2時間弱かけて、久々に、都会の中の大手ビール工場に一日仕事復帰できましたが、色々と勉強にもなりました。

40代の私ですが、年下の先輩方やリーダーからお叱りをもらったりした一方で、人間的な「情」というものも感じることができました。

そして何よりも印象に残ったのは、私の強迫性障がいとの向き合い方、付き合い方でした。強迫性障がいはひとりで向き合いますが、今回の仕事はチームワークでしたので、遅いわ、優し過ぎるわ、などと言われましたが、私にとっては強迫性障がいの緩和に向けて少し前進はできたかなと思っています。

まだ当然ですが、仕事への貢献役立ち度は賃金が発生しているわりには、役に立っていない感じも他人からみればあったかと思いますが、私的にはしっかりとできたと思っています。

それから、仕事は仕事としてきちんとする、他人からのお叱りは素直に受け止めた上で、イヤなことは、右から左に水流のように聞き流すとか、性別、年齢、才能とか見栄やプライドはわきにおいて、心は折れないようダメージでつぶれないようにすること、明らかに先方がおかしいことは黙らずに冷静に相談をするなどが、仕事を続けていくコツなのかなとも思いました。

今後の継続をしていくという意味で仕事復帰して、賃金にきちんと見合う貢献が出来るように再びなれたらなと思います。